圓勝院は東京都江戸川区鹿骨にある真言宗豊山派の寺院です

本堂・遍照殿

御本尊:阿弥陀如来
本尊阿弥陀如来  本堂奥の須弥壇におられます当院のご本尊阿弥陀如来。手には来迎印を結んでおられます。ご本尊さまへのご参拝は、まず外香炉にお線香をお供えしてお参りし、次に外階段を上がり鐘をついてお参り下さい。

 

十一面観世音菩薩像
十一面観世音菩薩  遍照殿の観音堂におられます十一面観世音菩薩。一般的な菩薩像にみられるようなきらびやかな装飾品などはございませんが、大変品のあるお姿をされております。

 

不動三尊
不動三尊  本堂南側の護摩堂におられます不動三尊。中央に不動明王、脇に矜羯羅と制多迦の二童子を従えております。毎年二月一日の初護摩ではこのお不動さまをご本尊とし、護摩壇に向かって祈祷致します。

 

弘法大師像
弘法大師  真言宗の宗祖である弘法大師(空海)さま(774-835)を本堂内陣の右奥にお祀りしております。

 

興教大師像
興教大師  真言宗の中興の祖、そして新義真言宗の祖である興教大師(覺鑁)さま(1095-1143)を本堂内陣の右奥にお祀りしております。

 

天女の鏝絵(こてえ)
本堂 外陣欄間(漆喰浮彫)昭和初期  本堂の外陣の壁面上部に天女の鏝絵が七枚(入口側壁面に三枚、右側壁面に二枚、左側壁面に二枚)ございます。鏝絵とは漆喰によるレリーフのことをいいます。これらの鏝絵は、昭和初期に当院のお檀家さまより寄進頂いたものです。本堂に入る機会がございましたらに天女さまのお姿や持ち物の違いなどを実際に確認してみてはいかがでしょうか。

 

吉祥天女像
吉祥天女  遍照殿入り口正面にて人々をお迎えくださっておられます吉祥天女。ご縁あって本堂にある天女の鏝絵を納めて頂いたお檀家さまのご令嬢さまより寄進いただいたものです。左官職人の山本堪一師による漆喰彫刻。美・幸運・富などの繁栄をもらたすとされておりますので、ぜひお参り下さい。

 

賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)
賓頭盧尊者(おびんずるさま)  本堂廊下の突き当りにおられます賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)。「おびんずるさま」や「撫で仏」とも呼ばれております。頭をなでれば頭がよくなる、鼻をなでれば美人になる、手をなでれば器用になるなどのご利益を伝えています。

 

孔雀襖絵
本堂 孔雀の間 樹下孝太郎画  本堂北側の孔雀の間にある孔雀の襖絵。昭和五十七年に日本画家である樹下孝太郎画伯より御志納いただいたご本人作の素晴らしい襖絵。

 

牡丹壁画
本堂内陣 牡丹壁画 樹下孝太郎画  ご本尊さまがおられます内陣の両壁面にある牡丹の壁画。平成四年に日本画家である樹下孝太郎画伯より御奉納いただいたご本人作の素晴らしい壁画。

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.