令和2年 施餓鬼会のご報告

 令和2年5月30日、施餓鬼法要を無参詣にて勤修いたしました。本年は新型コロナウイルス感染拡大防止への寄与のため、他寺院の僧侶の方々の随喜は無し、檀信徒のみなさまのご参詣も無しとし、当山住職と名誉住職のみでの法要となりました。例年、大勢の方々がお寺にお集まりいただき、盛大にご供養を行っていることを考えると、今年は大変寂しい感じも致しましたが、みなさまが参列されている時と同じ気持ちで心を込めてしっかりとご供養を行いましたこと、改めてご報告申し上げます。

 お申し込みいただきましたお塔婆につきましては、法要後、お墓にお建ていたしました。

 先日、緊急事態宣言が解除されましたが、特効薬がない現状を鑑みると、まだまだ気が抜けない不自由な生活が続くことも考えられます。一日も早くこの事態が終息し、平穏な日常を取り戻せるよう心より祈念しております。

圓勝院 住職