本尊 阿弥陀如来像

圓勝院の本尊阿弥陀如来(桃山時代 十六世紀後半)。本尊さまはお檀家の皆さまを一番近くから見守り、様々な祈りや願いの後押しをして心を支えてくれる存在です。外香炉の四隅に垂れている五色紐は本尊さまの右手首へと繋がっております。紐を握り、本尊さまとご縁を結びましょう。外階段の上には献灯台(ロウソクをお供えする台)もあります。鐘をついてご参拝ください。

十一面観音菩薩像

遍照殿の観音堂(法事控室)に祀られております十一面観音菩薩像(平安時代前期)。制作当初の材は頭・体前半の一材のみ残っており、大幅な修理を経て現在の像に至っております。平安前期の一木彫像の伝統を伝える区内最古の作例と考えられております。

不動三尊像

本堂南側の護摩堂に祀られております不動三尊像(江戸時代)。中央に不動明王、両脇に矜羯羅童子と制吒迦童子の二童子を従えております。毎年二月一日の初護摩供ではこのお不動さまを本尊とし、諸願成就の祈願を行います。

弘法大師像

真言宗祖弘法大師空海(774-835)を本堂内陣右奥にお祀りしております

興教大師像

真言宗中興祖興教大師覚鑁(1095-1143)を本堂内陣左奥にお祀りしております。

賓頭盧尊者像

本堂廊下の突き当りにおられます賓頭盧尊者。「おびんずるさま」や「撫で仏」とも呼ばれています。頭をなでれば頭がよくなる、鼻をなでれば美人になる、手をなでれば器用になるなどのご利益が伝えられています。

天女の鏝絵

本堂外陣の欄間部分にある七枚の天女の鏝絵。鏝絵とは漆喰によるレリーフのこと。本堂に入られた際には、それぞれの天女の姿や持ち物などの違いを確認してみてはいかがでしょうか。

孔雀の壁画

本堂北側の孔雀の間にある襖絵。昭和五十七年に檀家の樹下孝太郎氏により制作され、ご奉納いただきました。

牡丹の壁画

本堂内陣の両壁面にある牡丹の壁画。平成四年に檀家の樹下孝太郎氏により制作され、ご奉納いただきました。

吉祥天女像

遍照殿入り口正面にて人々をお迎えくださる吉祥天。左官職人の山本堪一氏による漆喰彫刻です。ヒンズー教の三最高神の一人ヴィシュヌの妃「ラクシュミー」が仏教に取り入れられた姿で、左手には意のままに願いを叶えるという摩尼宝珠を持ち、美・富・幸福などの繁栄をもたらすとされております。